記事一覧

3か月ぶりの久留米さんご出演!

ファイル 1010-1.jpg

本日のゲストは、NPO法人あわじの国プロジェクト理事の久留米次郎さん。
実に3か月ぶりのご出演となりました本日の放送は、
冬の淡路島の楽しみ方を存分に教えてもらえる3時間でした。
兵庫県・淡路島から出航している「うずしおクルーズ」では、寒い期間だけの特別な体験として、野生のカモメとのふれあいクルーズを来年3月上旬まで実施中!
カモメ用に作ったオリジナル無添加パンをあげながら、淡路島の福良港からカモメと一緒に鳴門海峡のうずしおを目指すクルージングの旅を体験してみませんか?
寒さ対策としてカイロを配ってくれるのですが、実はなんと冬シーズンのうずしおクルーズでは、淡路島こたつクルーズを運航しています。
船のアンダーデッキの畳スペースにコタツを設置し、冬でも暖かい空間で鳴門海峡クルージングを楽しめるようになっています。こちらも3月ごろまでの期間限定です。
さらに、12月、1月の16:10便に乗船すると、渦潮だけではなくもっと素敵なものが観られます!
それは鳴門海峡に沈む夕焼け!この時期にしか楽しめない絶景のコラボレーションをぜひ体感してください。
渦潮とサンセットを楽しむ船旅、カモメと仲良くなれる船旅、コタツで海を渡る船旅、すべてがうずしおクルーズで味わえますよ!
本日のテーマ「冬のおススメの過ごし方」の1つとして、
うずしおクルーズでのクルージングはいかがですか?

ファイル 1010-2.jpg
久留米さんが着ていたうずしおクルーズパーカー(背中デザイン)と
ファイル 1010-3.jpg
番組内で保岡アナと博美さんが舌鼓をうっていたナガハギ(通称ハゲ)のお刺身です

THE 100円!

ファイル 1005-1.jpg

本日のゲストは
横浜から阿南市新野町に移住した 黒川真太郎さん・喜美江さんご夫妻!

今日は昨日から販売されている新作商品「濃〜いチョコラスク」
を持ってきてくださいました。(写真:博美さんの手の上)
味はチョコと苺チョコの2種類。さっくりとしたラスクがチョコでコーティングされていて、おつまみにも最適!

そして!大好評の「黒やっさん」のロゴデザインもリニューアル!
真っ黒なクロワッサンの黒やっさんは、来年2月9日(日)
「阿南市 活竹祭」でも販売予定です!!
阿南市で一番大きなイベントで、市庁舎で行われますが、そのイベントの中で
「おやつの小屋」として黒川ご夫妻のお店が出店します〜。

また、本日のテーマは「THE 100円」
100円玉の話、今は見かけない100円札の話、さらにはお金の姿さえ見えないキャッシュレスの話まで、いろんなお金にまつわる話を繰り広げました。
お金に関する話に、スタジオは沸きに沸きましたが、
お財布の中身はちっとも沸かないと呟いたシュフリー博美でした。

黒川ご夫妻が装着している角(カチューシャ)は番組冒頭で博美さんが紹介していました某100円ショップで買ったトナカイ角です。

今年1年を1文字で表すと?

ファイル 1000-1.jpg

本日のゲストは、七福神の1人の大黒天のようなオシャレなベレー帽を
身に着けてのご登場!
徳島県移住コンシェルジュの飛田久美子さん。
神様のような広い心でシュフリー博美のトークを見守りつつ、
徳島の空き家事情についてお話しくださいました。
近年、空き家を物置代わりにしている人も多く、
足の踏み場もないほどの荷物が家にぎっしり・・・という人も珍しくないそうです。
空き家のことでお悩みの方は
12月6日、13日(両日ともに金曜日)の13:30~16:00に開かれる
「とくしま空き家活用セミナー&相談会」に行かれてはいかがですか?
建築士や行政書士など住まいのエキスパートが空き家活用についてお話してくれるミニ講座や相談会が主な内容です。空き家を貸したい人も借りたい人も気軽に相談できます~
ファイル 1000-2.jpg

早いものでもう12月。大掃除の季節となりましたが、セミナーでは片づけの極意も教えてくれるそうです!
長い間放置されたままの、昭和・平成の不要品は処分し、新しい年を気持ちよく迎えたいとお考えの方は、ぜひセミナーへ!

本日のテーマ「あなたの考える今年の漢字」。
自分の今年1年を1文字で表すなら…ということで、多く寄せられた漢字は
「新」や「初」などでした。
「新しく行動をする」といった意味のものが多くを占めていました。
そして博美さんの考える今年の漢字は「笑」。
ホワイトボードに( )をつけて書いてみました(笑)

うどん尽くしの3時間!

ファイル 995-1.jpg

今週のゲストは
お馴染み、東かがわ市の商工会顧問の渡邉堅次さん(写真右から2番目)と
お仕事スタイルでお越しの
東かがわマルタツ手打ちうどん店主の小西立朗さん(写真左から2番目)!
うどんへの深い愛情と、故郷への熱い想いを語ってくださいました。
生まれ育った故郷を讃岐うどんで元気にしたい!と、約4年前、東かがわ市に『マルタツうどん』を創業し、東かがわが明るく豊かな地域になるようにと、日々うどん作りに励まれています。
そして本日はなんと、東かがわマルタツ手打ちうどん2号店、開店1周年の日とのこと!
おめでとうございます!
しかしまさかの、本日は2号店・本店ともお休み中…
明日は通常通り営業しています。
ファイル 995-2.jpg
写真は小西さんが作っているレモンと、お店のダシに使われているという和三盆糖です。
レモンの酸味と和三盆糖の甘味が絶妙にマッチしていました。

また、12月の東かがわ市でのイベントもご紹介!
「五名ふるさとの家・いのしし祭り」が12月1日(日)に開催されます。
10時から14時までの間開かれ、早く着いた方はイノシシの丸焼肉が食べられるチャンスが!!
ちなみにこの日は東かがわマルタツ手打ちうどんも空いていますので、
お昼ご飯にうどんはいかがですか?

南あわじの魅力と釣りの魅力をお伝え☆

本日のゲストは、
NPO法人あわじのくにプロジェクト事務局長の太田 康文さんと
南あわじ市総務企画部付部長(企画担当) の青島 一路さん!
青島さんは、総務省からの出向で南あわじ市に 2 年間の期限付きで
移住されているそうです。
釣りの話になった途端、止まらない魚(と烏賊)トークが、釣りへの愛の深さを物語っていました。
ファイル 990-1.jpg

淡路島と徳島の間にある鳴門海峡で発生する、世界でも珍しい自然現象「渦潮」。
その渦潮を世界遺産にしようと今様々な取り組みが行われていますが、
本日はその活動についても詳しくお話いただきました。
その一つとして、この冬 期間限定で南あわじを周遊するバスが走るとの情報が。
その名も「ナーシサス号」!
渦潮のある福良と灘黒岩水仙郷、さらに沼島に直行できる汽船乗り場を結んでいるそうで、淡路島の魅力を存分に味わえるツアーとなっています。
ファイル 990-2.jpg
ファイル 990-3.jpg

太田さんにとって同世代ライバル戦友でもある青島さん。
行政からの目線も交えつつ、いつもと違う視点から淡路島の魅力を
語ってくださいました。
そこで本日の写真のテーマはライバル!
ファイティングポーズの皆さんの腕には、保岡アナ絶賛の
「鳴門海峡の渦潮を世界遺産へ」デザインバッグが!
ファイル 990-4.jpg

ジャパンブルーのような藍色の上着がかっこいい博美さんと
オシャレな帽子の似合う太田さんのツーショットも!
この後予定があるため、フォーマルな格好で来ましたというお二人。
博美さんの突然のリコーダー演奏や天然トークを華麗に受け入れる太田さんの
対応力に思わず“脱帽”です。
ファイル 990-5.jpg