記事一覧

南あわじ市からゲスト

ファイル 812-1.jpg

本日のゲスト
 NPO法人あわじのくにプロジェクト理事
  久留米次郎さん(右から2番目)
 淡路人形座・人形遣い
  記虎篤史(きとら・あつし)さん(左から2番目)

記虎さんは「顔でかい」という自虐ネタで
のり突っ込みを自在に操り、笑いをとっていきます。
久留米さん、保岡アナの突然のフリにもすぐ対応
「ホンマに人形遣いか?」と思うほど
まるで芸人のようです。
これにはええでないか西浦さんもタジタジ。
番組を盛り上げながら
淡路島の魅力を伝えてくれました。

【イベント情報】
淡路人形座特別企画 
若武者の悲劇「一谷嫩軍記 須磨浦組討の段」
日時:3/21(木)~24(日)11:00~
料金:大人1500円、中高生1300円、小学生1000円
   幼児300円

頑張れ!西浦さん

ファイル 807-1.jpgファイル 807-2.jpg

本日のゲストは
阿南市新野町の黒川真太郎・喜美江さんご夫妻
ええでないか西浦さんが
今月いっぱいで番組を卒業し、東京で頑張ると聞いて
「残念だけど 頑張ってね」と
餞別にパンを手渡してくれました。
リスナーの皆さんからも
応援するメッセージが
たくさん届いています。
西浦さんの出演は
あと3/20と3/27の2回です。

32歳の決断

ファイル 802-2.jpg

ラジオ大福水曜レギュラーの
ええでないか西浦さん。
謝罪会見ではありません。
西浦さんは番組の最後に
「3月いっぱいで 徳島に住みます芸人をやめ
 東京を拠点に芸人として活動する決断をしました」と
報告しました。
「芸人として何かを変えたい」
「漫才をやりたい」という思いから
可能性を求めて東京へ行くことを決めたそうです。
というわけで
西浦さんは今年3月いっぱいで
ラジオ大福を卒業します。

移住関連の仕事をしている
ゲストの飛田久美子さんは
「人口が1人流出する」と残念がっていましたが
「頑張ってください」とエールを送りました。
番組スタッフ一同
ええでないか西浦さんの挑戦を
応援したいと思います。

東かがわ市からゲスト

ファイル 797-1.jpgファイル 797-2.jpg

本日のゲスト
東かがわ市商工会顧問 渡邊堅次さん(左端)
郷土史研究家 長池武さん(右端)
2019年アサヒビールイメージガール 
        鈴木望さん(左から2番目)

テーマは「先生の思い出」
「昔はよく叩かれた」「型破りな先生がいた」
「この一言で今の仕事についた」など
たくさんメッセージをいただきました。

☆南あわじ市から名コンビ

ファイル 792-1.jpgファイル 792-2.jpg

水曜の月一ゲスト
南あわじ市から
NPO法人あわじのくにプロジェクト事務局長の
太田康文さん(左から2番目)と
同じくNPO法人あわじのくにプロジェクト理事の
久留米次郎さん(右から2番目)。
お二人そろっての出演は久しぶりでしたが
やはりこのコンビは面白い!
淡路島の魅力を伝えながら
絶妙の掛け合いで笑いをとっていきます。
さすがです。

淡路島イベント情報
◇うずしお朝市「淡路島サクラマス祭」
日時:2月24日(日)午前9時~
会場:福良漁業協同組合(電話0799-52-0064)
     兵庫県南あわじ市福良丙28