記事一覧

■金曜レストラン 香箱がにのチャーハン■

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpg

(4人分)
香箱がに・・・2杯
塩・・・少々
生姜・・・1かけ
米・・・2合
サラダオイル・・・適量
卵黄・・・4個
こしょう・・・少々
濃口しょうゆ・・・少々
ごま油・・・適量

〔あん〕
カニの茹で汁・・・500ml
中華だし・・・小さじ1
薄口しょうゆ・・・大さじ1
みりん・・・大さじ2
卵白・・・4個
水溶き片栗粉・・・少々

〔飾り〕
大葉・・・5枚

1、香箱がにを薄めの塩水で約15分ゆでる。沸騰したら落とし蓋をする。アクをとる。

2、かにを取り出し、茹で汁はペーパーで漉して冷ましておく。

3、かにを剥いて殻をとる。身は取り出す。身がほとんどない細い脚の部分や爪、口、えらは取り除く。

4、かにの茹で汁にかにの殻、生姜、サラダオイルを入れ、米を炊く。

5、あんを作る。茹で汁に中華だし、かにの身を入れ、よくまぜた卵白を回し入れる。

6、炊きあがったご飯から殻を取り除く。

7、フライパンに油を熱し、卵黄、ごはんを強火で炒める。塩こしょうで調味し、かにの卵を入れ、濃口しょうゆ、ごま油を加えて炒める。

8、チャーハンにあんをかけて、大葉を散らせばできあがり。

  • 2018年12月07日(金)

■金曜レストラン 鯵のマリネのブルスケッタ■

ファイル 32-1.jpgファイル 32-2.jpg

(4人分)
鯵・・・1匹
塩・・・少々
大根・・・適量
ラ・フランス・・・1個
プチトマト・・・8個
酢・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ2
こしょう・・・少々
バゲット・・・1本
バター・・・適量
マヨネーズ・・・適量
わさび・・・適量
ディル・・・少々

〔甘酢〕
水・・・120ml
酢・・・40ml
砂糖・・・40g
塩・・・8g
昆布・・・適量

1、鯵は、3枚におろして骨を抜き、塩をして15分置く。

2、塩を洗い流し、水気を取って、酢で10分しめる。

3、鯵は、皮を取り除き、さいの目切りにする。

4、大根は小さめのさいの目切りにし、塩をふってしんなりさせ、甘酢に漬け30分置く。

5、ラ・フランスは、皮をむき、芯を取り、大根と同じくらいのさいの目切りにする。

6、プチトマトは、ヘタを取り、さいの目切りにする。

7、大根は水分(甘酢)をきり、ラ・フランス、プチトマト、鯵、オリーブオイルを加え、よく混ぜる。塩・こしょうで調味する。

8、バゲットは好きな厚さに切り、トースターで少し焼き目がつく程度に焼く。お好みでバター、マヨネーズ、わさびをぬり、その上にマリネを乗せれば出来上がり。

  • 2018年11月30日(金)

■金曜レストラン 塩野シェフ考案レシピ■

ファイル 31-1.jpgファイル 31-2.jpg

◆主菜◆ 豚バラときくらげの卵炒め(4人分)
【材料】
豚バラ肉・・・200g
卵・・・4個
人参・・・1/4本
きくらげ(乾燥)・・・20g ※水で戻しておく
しめじ・・・1/4株
小松菜  1/2束
生姜・・・少々
〔卵に合わせる調味料]
「ほんだし®」・・・大さじ1
水溶き片栗・・・大さじ2
〔合わせ調味料〕
酒・・・大さじ1
砂糖・・・5g
醤油・・・30ml
すだち・・・1個
水溶き片栗・・・40ml

【作り方】
1,豚バラ肉にサラダ油(大さじ1程度)・塩コショウ水溶き片栗粉をもみこむ。

2,材料を切る。
(豚バラ肉:一口大、にんじん:短冊切り、小松菜:にんじんと同じ長さ、きくらげ:石づきをとり少し大きめに、しめじ:石づきをとりほぐす)

3,卵に「ほんだし®」と水溶き片栗粉を入れ混ぜる。

4,フライパンに多めのサラダ油を熱し、しっかり炒める。(中火)

5,卵をいったん取り出す。

7,フライパンに新しい油をひき、生姜を炒め香りを出し、豚バラ肉を炒める。

8,豚バラ肉に片面焼き色がついたらにんじんを入れる。
にんじんに油が回ったら、きくらげ・しめじ・取り出しておいた卵・小松菜の順に入れ炒める。(中火~強火)

9,小松菜にさっと火が通ったら合わせ調味料を入れて味をなじませる。

10,仕上げに、すだちを絞れば完成!

◆副菜◆ 長芋の梅肉和え(4人分)
【材料】
長芋・・・300g
「ほんだし®」・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2
梅干し・・・6個

【作り方】
1,長芋を一口大の大きさに切り、塩と「ほんだし®」をふり、20分ほど寝かす。

2,1にたたいた梅干しを和えれば完成!

◆汁物◆ イワシのつみれ汁(4人分)
【材料】
イワシ・・・適量
塩・・・小さじ1/2
卵白・・・1個分
生姜の絞り汁・・・小さじ1
水・・・600ml
「ほんだし®こんぶだし」・・・大さじ1
薄口しょうゆ、塩・・・適量
舞茸・・・1/2株
白ネギ・・・1本

1,イワシを手開きにして皮を引き包丁でたたく。

2,1に塩を入れ、ボウルでよく混ぜる。

3,卵白と生姜を入れてさっと混ぜる。

4,沸騰したお湯(少し塩を入れる)に、3を団子状にとって湯がく。

5,舞茸を湯がく。

6,別に「ほんだし®こんぶだし」で出汁をとり、塩と薄口しょうゆで味を整え、

湯がいたイワシのつみれを入れる。

7,お椀に盛り付け白髪ねぎを乗せれば、完成!

ほかに、
◆果物…早生みかん 1個
◆乳製品…牛乳 200ml
◆主食…雑穀米 200g
を添えれば、栄養バランスに優れた塩野流「勝ち飯®」の献立の出来上がり!

  • 2018年11月22日(木)

■金曜レストラン 若鶏のカレー風味南蛮漬け■

ファイル 30-1.jpg

(4人分)
若鶏もも肉・・・2枚
酒・・・大さじ1
塩・こしょう・・・少々
カレー粉・・・大さじ1
片栗粉・・・適量
玉ねぎ・・・1個
大根・・・1/4本
人参・・・1/2本
ピーマン・・・2個
セロリ・・・1本
柿・・・1/2個

〔南蛮酢〕
水・・・700ml
酢・・・300ml
薄口醤油・・・150ml
みりん・・・50ml
砂糖・・・50g
昆布・・・少々
鷹の爪・・・1本

1、玉ねぎはスライス。大根・柿は千切り。人参・ピーマンは細めに千切り。セロリは筋をとり千切りにする。

2鍋に、水・酢・薄口醤油・みりん・砂糖・昆布・鷹の爪を入れて、中火でじっくり火にかける。

3、鶏肉は余分な皮や脂を切り取り、筋を包丁でたたいて切り、一口大に切る。酒・塩・こしょうを混ぜてよく揉み込む。カレー粉も入れて揉み込む。片栗粉を厚めにまぶす。

4、鶏肉は、170度の油で3~4分、じっくり揚げる。

5、千切りした野菜の上に鶏肉をのせ、あつあつの南蛮酢をまんべんなくかければできあがり。(粗熱がとれるまで10分くらい置いておくと味がしみこんで美味しさが増す)

  • 2018年11月16日(金)

■金曜レストラン エスニック風鍋■

ファイル 29-1.jpgファイル 29-2.jpg

(2~3人分)
海老・・・6尾
鶏もも肉・・・1/2枚
冷凍うどん・・・1個
えのき・・・1袋
まいたけ・・・適量
白菜・・・3~4枚
ネギ・・・1本
にんにく・・・1片
水・・・1L
トムヤムクンペースト・・・大さじ3~4
鶏がらスープ・・・大さじ1
すだち・・・4個
ナンプラー・・・大さじ2
ココナッツミルク・・・大さじ2
こぶみかんの葉・・・少々
三つ葉・・・適量

1.海老は、下処理をして、背から開き、背ワタを取る。水できれいに洗い流す。

2.えのきは、半分にきる。まいたけは、手でちぎる。白菜は、一口大に切る。ねぎは、斜めに切る。鶏もも肉は、一口大に切る。三つ葉は、5cmくらいに切る。すだちは、絞っておく。

3.にんにくを丸ごと水に入れ、火にかける。

4.沸騰したら、鶏がらスープ、トムヤムクンペースト、鶏もも肉、白菜、えのき、まいたけ、ねぎ、ナンプラー、こぶみかんの葉、海老、うどんを入れ煮込む。

5.最後に、すだち汁とココナッツミルクを入れ、三つ葉を飾ればできあがり。

  • 2018年11月09日(金)

ページ移動