記事一覧

■金曜レストラン いちごのトライフル(8人分)■

ファイル 49-1.jpgファイル 49-2.jpg

〔材料〕
いちご・・・2パック

〔スポンジケーキ〕
卵・・・3個
グラニュー糖・・・120g
薄力粉・・・100g
バター・・・30g
牛乳・・・50ml

〔カスタード〕
卵黄・・・3個
グラニュー糖・・・大さじ3
牛乳・・・180ml
バター・・・5g
コーンスターチ・・・15g

〔ホイップクリーム〕
生クリーム・・・200ml
グラニュー糖・・・30g


〔作り方〕
1.スポンジケーキを作る。卵白を泡立てる。途中でグラニュー糖を2~3回に分けて入れる。つのが立つようになったら卵黄を加え、泡をつぶさないよう混ぜる。そこへ薄力粉をふるい入れ、サクサク混ぜる。溶かしたバターと牛乳を加える。ペーパーを敷いた型に流し、170℃のオーブンで30分焼く。
2.カスタードを作る。卵黄にグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜる。牛乳とコーンスターチを加え、10分くらい中火にかける。火を止め、バターを入れる。つやが出たらバットに流し、ラップをかけ、冷蔵庫で冷やす。
3.ホイップクリームを作る。生クリームにグラニュー糖を入れ、8分立てに泡立てる。
4.ガラスの器にスポンジケーキをちぎって入れ、生クリーム、いちご、カスタードを順番に重ね、盛り付ける。最後にいちごを飾ればできあがり。

  • 2019年04月19日(金)

■金レス 鯛のアクアパッツァ(約4人分)■

ファイル 48-1.jpgファイル 48-2.jpg

〔材料〕
鯛・・・1尾
にんにく・・・2かけ
オリーブ・・・5個
プチトマト・・・8個
オリーブオイル・・・100ml
水・・・100ml
白ワイン・・・100ml
あさり・・・1パック
ケッパー・・・少々
塩・・・少々
〔飾り〕
パセリ・・・少々


1.鯛は内臓とウロコをとる。小さいウロコは、熱湯をかけると取りやすくなる。火が通りやすいよう、隠し包丁を入れる。
2.フライパンにオリーブオイルをたっぷり入れ、スライスしたにんにくを加え、弱火にかけ香りを出す。
3.鯛の表面から焼く。軽く焼き目がついたら、ひっくり返す。
4.水、白ワイン、あさりを加える。アルミホイルでふたをして強火で10分程度煮込む。
5.途中でヘタを取ったトマト、種を取りザク切りにしたオリーブ、ケッパーを加える。
6.塩で味を調え、火を止める。
7.みじん切りパセリをかければできあがり。

  • 2019年04月12日(金)

■金曜レストラン メバルのマッシュポテト包み焼き~トマトソース~(2人分)■

ファイル 47-1.jpgファイル 47-2.jpg

〔材料〕
メバル・・・2匹
塩・こしょう・・・少々
〔マッシュポテト〕
じゃがいも・・・3個
牛乳・・・大さじ2
生クリーム・・・大さじ2
マヨネーズ・・・大さじ1.5
練乳・・・大さじ1
〔トマトソース〕
トマトの水煮・・・1缶
赤ワイン・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ2
ブイヨン・・・小さじ2
〔飾り〕
スプラウト・・・適量


〔作り方〕
1.メバルはうろこを取り、腹から開いてえらと内臓を取り出し、水で洗う。
2.背を切り離さないよう、腹から開いて骨をとる。
3.水気とくさみを取り、香りをつけるため、塩・こしょうをする。
4.中に詰めるマッシュポテトを作る。じゃが芋をゆでてつぶす。粉末状の素を使ってもよい。
5.つぶしたじゃが芋に牛乳、生クリーム、マヨネーズ、練乳を加え混ぜる。
6.魚のお腹にマッシュポテトを詰め、表面がこんがりするまで、約10分焼く。
7.トマトソースを作る。鍋にトマトの水煮、赤ワイン、砂糖、ブイヨンを入れ、10分ぐらい中火にかける。8.焼き上がった魚にトマトソースを盛り付ければできあがり。

  • 2019年04月05日(金)

■金曜レストラン たけのこの木の芽和え(4人分)■

ファイル 46-1.jpg

〔材料〕
たけのこ・・・2個
だし・・・1000ml
薄口醤油・・・50ml
みりん・・・50ml
追い鰹・・・適量
えび・・・4尾
酒・・・適量
塩・・・少々
木の芽・・・15枚
〔木の芽味噌用〕
白味噌・・・500g
砂糖・・・125g
酒・・・100ml
みりん・・・100ml
卵黄・・・4個
木の芽・・・15枚
〔青寄せ用〕
ほうれん草・・・1束
塩・・・適量
水・・・適量


1.たけのこは湯がいて皮をむき、表面をきれいにする。下のかたい部分は切り落とす。食べやすい適当な大きさに切り、かつお出汁、みりん、しょうゆで40分くらい炊く。
2.木の芽味噌を作る。鍋に白味噌、砂糖、酒、みりんを入れ、中火にかけ、焦げないよう気をつけながらなじませる。煮詰まったら、卵黄を入れよく混ぜ、ザルで濾す。すり潰した木の芽を加えると木の芽味噌のできあがり。
3.ほうれん草は、葉だけちぎって当たり鉢に入れ、塩を少し加えてすり潰す。途中で水を適量入れる。緑の色がしっかり出てきたら、濾し器で濾す。すり汁を沸かして、浮いてきた緑色の色素をすくい取り、キッチンペーパーでくるんで水気をとる。青寄せのできあがり。木の芽味噌に青寄せを加えると更に美しい色になる。
4.40分炊いたたけのこの上にキッチンペーパーをのせ、かつお節を置き、さらに上からキッチンペーパーを乗せる(追い鰹)。20分程度、弱火にかける。
5.海老は、背わたをとり、殻をむき、小さめに切る。鍋に酒、塩、海老を入れ、酒炒りする。
6.追い鰹をしてしっかり味のついたたけのこは、大きめのさいの目切りにし、美しく盛り付ける。

  • 2019年03月22日(金)

■金曜レストラン ダークチェリーのケーキ(18cm・丸型・1台分)■

ファイル 45-1.jpg

〔材料〕
ダークチェリーの缶詰・・・1缶
〔ココアスポンジ〕
薄力粉・・・80g
ココアパウダー・・・20g
バター・・・30g
牛乳・・・50ml
卵・・・3個
砂糖・・・120g
〔チョコレートクリーム〕
チョコレート・・・60g
生クリーム・・・90ml
キルシュ・・・7ml
〔ホイップクリーム〕
生クリーム・・・270ml
グラニュー糖・・・20g
キルシュ・・・7ml
〔キルシュシロップ〕
水・・・50ml
砂糖・・・25g
キルシュ・・・少々

〔作り方〕
1.まず「ココアスポンジ」を作る。卵白をかたく泡立て、砂糖を2~3回に分けて入れ混ぜる。つやが出たら卵黄を加える。そこへ薄力粉とココアパウダーをふるい入れる。「の」の字を書くようにさっくりと混ぜる。溶かしたバターと牛乳を入れ混ぜる。ペーパーを敷いた型に流し入れる。170℃に予熱したオーブンで35分程度焼く。
2.次に「チョコレートクリーム」を作る。チョコレートは溶けやすくするため、細かく刻んで、沸騰させた生クリームを加え、溶かす。キルシュも加え混ぜる。冷蔵庫で冷やす。
3.続いて「ホイップクリーム」を作る。ボウルに生クリームと砂糖を入れ、よく混ぜる。つのが立ったら、キルシュを加える。
4.焼けたスポンジケーキは、ひっくり返して3分程度置くと、表面が平らできれいになる。ぬれ布巾をかけ落ち着かせる。三層に切り分け、一番下の層には、キルシュシロップとチョコレートクリームを塗り、半分に切ったダークチェリーをのせる。二層目には、キルシュシロップとホイップクリームを塗る。一番上の層にもキルシュシロップを塗り、全体的にホイップクリームを塗る。飾りホイップ、チェリー、ココアパウダーで仕上げる。

  • 2019年03月15日(金)

ページ移動