記事一覧

■金曜レストラン 鮪の白菜巻き(4人分)■

ファイル 38-1.jpg

鮪の赤身(刺身用)・・・1柵(200~250g)
塩・・・少々
こしょう・・・少々
白菜・・・4枚
ほうれん草・・・1/2束
柚子・・・1/2個
片栗粉・・・適量
サラダ油・・・適量
卵白・・・1個分
ごま・・・適量

〔ソース〕
酒・・・大さじ4
砂糖・・・大さじ2
濃口しょうゆ・・・大さじ2
豆板醤・・・小さじ1
みりん・・・小さじ1
柚子(果汁)・・・1/2個分
卵黄・・・1個分(飾り用)

1、白菜とほうれん草は、1%くらいの塩加減で別々に茹でて冷ます。(色移りを防ぐため)
2、柚子は半分に切り、果汁を絞る。皮は、内側の白い部分をそぎ落とし、細長く刻む。
3、鮪は半分に切り、塩こしょうをし、片栗粉をまぶす。
4、巻き簾に白菜を並べ、鮪・ほうれん草・柚子の皮をのせ、全体に片栗粉を散らす。
5、巻き寿司の要領でしっかりと巻き、ギュッと絞って水気をとる。外側にも片栗粉をまぶす。
6、フライパンにサラダ油を入れ、強火で焼く。四面きれいに焼き、6等分に切る。
7、切った表面の片方に卵白とごまをつけ、フライパンで焼く。ごまのいい香りがしてきたらできあがり。

〔ソースの作り方〕
1、フライパンに酒・砂糖・濃口しょうゆ・豆板醤・みりん・柚子の果汁を入れ、強火で煮詰めてとろみがついたらできあがり。

  • 2019年01月25日(金)

■金曜レストラン タッカルビ(4人分)■

ファイル 37-1.jpg

鶏もも肉・・・2枚(600g)
人参・・・1/2本
さつま芋・・・1/2本
玉ねぎ・・・1/2個
キャベツ・・・3枚
なす・・・1本
にんにく・・・2片
しょうが・・・2片
サラダ油・・・適量
砂糖・・・小さじ1
酒・・・大さじ4
コチュジャン・・・大さじ2
チーズ・・・お好みで
キムチ・・・お好みで

1.人参は皮をむき、短冊切り。さつま芋は皮をむき、ひょうし切り。玉ねぎは1センチぐらいの厚さにくし切り。キャベツは一口大にちぎる。なすはヘタを取り、半分に切ってからくし切り。鶏肉は、余分な脂を切り落とし、一口大に切る。にんにくとしょうがは、みじん切り。
2.フライパンを熱し、油を入れ、にんにくとしょうがを炒める。香りがしてきたら、鶏肉を加え炒める。固くなるのでいったん取り出す。
3.野菜を炒め、鶏肉を戻し、砂糖・酒・コチュジャンを加える。
4.お好みでチーズやキムチを加え、3分程度蒸し焼きにするとできあがり。

  • 2019年01月18日(金)

■金曜レストラン 餅と海老のジェノベーゼ■

ファイル 36-1.jpg

〔餅と海老のジェノベーゼ(2人分)〕

切り餅・・・4個
海老・・・8尾
塩・・・少々
アスパラガス・・・1束
れんこん・・・100g
しめじ・・・1パック
プチトマト・・・8個
片栗粉・・・適量
オリーブオイル・・・大さじ2
にんにく・・・1かけ
塩・・・少々
こしょう・・・少々

〔ジェノベーゼソース〕
バジル・・・20g
ごま・・・10g
塩・・・少々
にんにく・・・1かけ
オリーブオイル・・・100ml

1、海老は殻をむき、背から開いて背わたをとる。塩をふり、軽く揉んでぬめりを取る。水洗いして、水気をふきとる。
2、アスパラガスは、根元の固い部分を切り取り、皮を薄くむく。3㎝くらいに切る。
3、れんこんは、皮をむき、半分に切ってスライス。
4、しめじは、石づきをとって、手で軽くほぐす。
5、プチトマトは、へたをとって、半分に切る。
6、餅は食べやすい大きさに切り、引っ付かないように片栗粉をまぶす。
7、フライパンにオリーブオイルとにんにくスライスを入れ、弱火でじっくり火を通す。れんこん、トマト、しめじ、アスパラガスを炒め、軽く塩こしょうする。
8,そこへ塩こしょうした海老を加え、しっかり炒める。海老に半分くらい火が通ったら、ジェノベーゼソース、餅を入れる。中火。餅の芯が少し残る程度で火を止め、余熱で火を入れる。塩こしょうで調味する。

〔ジェノベーゼソースの作り方〕
1、バジルの葉、ごま、塩、にんにく、オリーブオイルをミキサーにかければできあがり。

  • 2019年01月11日(金)

■金曜レストラン 阿波尾鶏の骨付きもも肉のオーブン焼き(2本分)■

ファイル 35-1.jpg

〔骨付きもも肉のオーブン焼き〕
阿波尾鶏の骨付きもも肉・・・2本
塩・・・小さじ1
こしょう・・・小さじ2
にんにく・・・1片

〔鶏油(チー油)〕
鶏皮
生姜・・・少々
にんにく・・・1片

〔骨付きもも肉のオーブン焼き〕
1.鶏肉は、余分な皮や脂を切り取り、骨の間に切れ目を入れ、分厚い部分を広げて平らにする。塩・こしょう・すりおろしにんにくを揉み込んで、冷蔵庫で一晩寝かす。

2.アルミ箔とクッキングシートで枠を作り、天板に敷く。鶏油を流し込み、鶏肉の皮目を下にして置き、上からも鶏油をかける。

3.200度に予熱したオーブンで裏・表10分ずつ焼く。

4.再度オーブンの温度を一気に250度程度に上げ、焼き色をつける。

〔鶏油(チー油)作り〕
1.油を入れていないフライパンに鶏皮を並べ、弱火から中火で20分程度じっくり炒める。

2.脂が出てきたら、つぶした生姜とにんにくを加え、カリッとするまで炒める。

3.脂は、ザルで漉す。これが鶏油(チー油)。カリカリになった鶏皮は、塩こしょうをかけて、おつまみにどうぞ。

  • 2018年12月21日(金)

■金曜レストラン 中華風海老カレー■

ファイル 34-1.jpgファイル 34-2.jpg

(4人分)
海老・・・12尾
片栗粉・・・適量
酒・塩・こしょう・・・少々
オクラ・・・10本
玉ねぎ・・・150g
しょうが・・・大さじ1
にんにく・・・大さじ1
パセリ・・・少々
ケチャップ・・・大さじ4
豆板醤・・・小さじ1
カレー粉・・・大さじ1
牛乳・・・300ml
しょうゆ・・・小さじ1
ごま油・・・少々

1.海老は、背から開き、背ワタを取る。水できれいに洗い流す。臭みをとるため、片栗粉と塩で軽く揉み、水洗いする。塩・こしょう・酒で下味をつけ、少し揉む。

2.オクラは、ガクを切り取り、さっと茹でる。

3.玉ねぎ、生姜、にんにく、パセリは、みじん切りにする。

4.フライパンに油を熱し、にんにくと生姜を中火で炒め、香りがたってきたらケチャップを入れ、強火にして、豆板醤、カレー粉、玉ねぎを加える。

5.玉ねぎに火が通ったら、牛を入れ、よく混ぜる。

6.海老とオクラも加え、酒・塩・しょう油・こしょうで調味する。

7.とろみが欲しい人は、水溶き片栗粉を回し入れる。(入れなくても大丈夫)

8.最後にごま油を回し入れるとできあがり。

  • 2018年12月14日(金)

ページ移動