#207

やってもうた

アップロードファイル 14KB友人がメールで『「テンテコ舞い」の「テンテコ」は、太鼓の音を意味しています』と教えてくれました。
またひとつ賢くなりました。ありがとー。


さて。
今日はいきなり大寝坊してしまいました。
待ち合わせが10:50。
目覚めたのが11:20。
起きた瞬間


「やってもうた…」


あー。目覚ましかけるのを忘れてたよー。
慌てて担当Pに電話。作業の開始時刻を2:00に変更してもらうことに。


今日の作業は某作をHD化したデータのカラー・チェック。
これまでのLDやビデオやDVDで使用されていたテレシネ素材があり、「それを参考にして色を決めればいいじゃん」と軽く考えていたのですが。。。


甘かった。
こんなに難しいとは。


HDデータの画像は背景の紙の質感が解るぐらいクッキリです。
それを、色調トーンカーブをコントロールして、以前のテレシネ素材に色を合わせようと試みたのだが…。


出来ない…。


いや、正確には「ムリに色を合わせると、せっかくのHDのクリア感が損なわれる」ということが発覚。
どうすればいいのか…。
キャラクターの色のイメージは、当然、これまでテレビ放送などによってファンに覚えられている。
それを再現できないとは…。
究極の選択。


1.これまでのものと同じ色にして、クリアな映像はあきらめる。
2.色の違いは飲み込んで、クリアな映像にする。


ぐおおおお。
お奉行様…そんなゴム体ご無体な…。
悩んだ末に結論。


以前のビデオマスターの色は捨てる。


そして。


新しいマスターの色は、当時のセル(!)に合わせる。


これしかない。
実は。
セルだと、あの双子の兄の髪の毛は眼の覚めるようなブルー。
あのマイボールの麗人のパンツ(ズボン)の色はオレンジ。
当時はセルの色を再現するのが難しかったのだが、今回は可能!(多分)


あ…とても大変な作業に…。
こうやって泥沼に…。


写真はタイガーバーム。
肩こりによい。イクニ