記事一覧

9月は大型台風の季節

1959年(昭和34)年、
つまり*43年前の明日9月26日は、
伊勢湾台風が襲来した日である。

1934(昭和9)年9月21日には室戸台風、
1961(昭和36)年9月16日には第2室戸台風が襲来した。

このように、過去歴史に残る超大型台風は、
すべて9月に襲来しているといってもよいほどだ。

9月に大型台風の襲来が多い原因は大きく見て2つある。

まず第1は、「海水の温度が高いこと」だ。
海水は温まるのに時間がかかり、
気温の変化からは約1ヶ月遅れて、
9月が最も温かくなりやすい。

台風は海水からの熱と水蒸気をエネルギーとして発達するため、
9月は台風が発達しやすい。

そして、第2は「台風の接近速度が速いこと」である。

夏の間は太平洋高気圧が西の方に張り出していて
台風は北上を妨げられることが多く、
台風はゆっくりと西に移動したり、
時には停まってしまうこともある。

したがって、
台風は北の方の海水温度の低いところに長時間とどまることになり、台風は衰退する。

ところが、
9月になると太平洋高気圧が弱まり、
台風はこの太平洋高気圧の縁を廻る風にながされて、
速い速度で北上し接近しやすい。

このため、
南海上で発達した台風が、
あまり衰えることなく接近することになる。

9月は発達した台風が多く、
襲来する速度が速いので、
早めの備えが大切である。(2002/9/25)

*放送時のデータです!
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
台風は自分では動けない。

巨大な大気の渦で、
ただ左巻きにクルクル回っているだけである。

動くのは、一般の風に流されるからだ。

低緯度では東風が吹いているので、
台風は西に移動する。

ところが、
太平洋高気圧の縁を廻る風に流されると、
次第に北上して来る。

そして、日本付近に来ると、
上空を西から東に吹いている偏西風に流されて、
移動方向を次第に東よりに変える。

9月に台風が接近しやすいのは、
太平洋高気圧の勢力が関係している。

真夏の7月や8月は、
西日本全体が太平洋高気圧におおわれていて、
台風は西の方へ向かいやすい。

ところが、
秋になって太平洋高気圧の勢力が衰え始めると、
太平洋高気圧の縁を廻る風が西日本付近に来て、
台風が接近しやすくなるためである。

9月には
太平洋高気圧の縁を廻る風によって速い速度で接近するため、
台風は強い勢力を保ったままやって来やすい。

超大型台風の襲来が9月に集中しているのは、
そのためである。(2001/9/28)