記事一覧

「ひと雨1℃」

ファイル 180-1.jpg

晩秋から冬にかけての気温の変化について、
一雨毎に寒くなると言われる。

では、どれくらい寒くなりるかというと、
下がり幅は一週間におよそ1℃。

この季節は、
一週間に一度程度しか雨が降らないことが多いので、
一雨1℃とも言える。

ただし、これは平均の値で、
時には1日で10℃くらい下がることもある。

どうして、急にそんなに下がるかというと、
低気圧や寒冷前線による雨の後、
大陸からは高気圧が張り出して、冬型の気圧配置になり、
大陸から寒気が流入してくるためである。

そして、雨の前は、移動性高気圧に覆われて、
ぽかぽか陽気の小春日和が多いため、
急激な気温の変化になりやすい。

体調の管理が大切な季節である。
(2004/12/1)