記事一覧

「意外によかったのよぉ!板東さんの〇〇♪」

ファイル 313-1.jpg
何かって?
それは放送を聴いてのお楽しみね(^_-)-☆
ちなみに写真では、板東さんはチューナー、私はマスクです☆彡
出来立てほやほやの音札、最高ですよ!
これまたお楽しみに(^_-)-☆
それから「道生生道」も今週はいつもと少し違うのよ。
またまたお楽しみに(^_-)-☆
・・・ってお楽しみだらけの「板東男節」ですよ(*^▽^*)
さて本日のキーワードは・・・「多肉ちゃん」です。   (旬)

「テンヤワンヤに火をつけて」
ま、着火剤はワシやったけどのぉ!失礼失礼!
「テンヤワンヤ~」これタイトルにして歌できそうな感じ♪

そうそう、音札最っ高!絶対聴いてね!
またまた生歌会に行きにくいくらいツボにはまりましたよ☆
・・・ってお楽しみだらけの「板東男節」ですよ(*^▽^*)

(道)

「いつもしゃべり過ぎて時間がなくなっちゃうの(*´з`)」

ファイル 312-1.jpg
ごめんなさいね(^-^;
そんな私たちですがどうぞ来週もお便りお送りくださいね☆彡
新しい音札ももっと作れるはずだったんだけど・・・
結局時間がね(T_T)
でも楽しい作品が出来上がりましたのでどうぞお楽しみに(⋈◍>◡<◍)。✧♡
さて本日のキーワードは・・・「スーパーTNTさん、粉雪だから。DEPARTURESじゃないから。」です(*^▽^*)          (旬)

「音札」の話になるでしょう、今回は♪
いや~、そこそこ難しい課題をいただいたような音札づくりでしたよ~!
困らせてくれて本当にありがとう(゚Д゚;)
うん、実際はね、とっても楽しかったですよ。演奏しながら「(うまくいけ~!)」って心の中で思ってるのさ☆

また音札ネタ、思いついた時に書き留めたり、メールしたりしてくださいね♪
「番組聴いてすぐ投稿~!」

(道)

「本物の猿はどちらでしょうか🐵」

ファイル 311-1.jpg
私も美容院での失敗はいろいろあったさ。
大体がパーマがかかり過ぎたり、カットが思ったより短すぎたり・・・
でもまさか途中で中途半端なまま帰らされた人がいるなんて(゚Д゚;)
皮が剥けるほど顔をこすられた人がいるなんて(゚Д゚;)
皆さん大変な思いをされてるんですね(@_@。
アタックオタマは正解率低いです(^-^;
でも答え合わせはむっちゃキレイですよ♪
先週とのギャップを楽しんでくださいね☆彡
さて本日のキーワードは・・・「風呂の鏡を・・・」です(*^▽^*)   (旬)

アタックオタマの答え合わせね、何だか毎回すごく楽しいの♪
新しい音楽の概念のめばえ?っちゅぅのは大げさか?
んん、でも近いね。合わすのが楽しいの。で、どういう訳かシャクッときれいにハマるのよ。

これって二人のグルーヴじゃねぇ!?

生歌会はギターサークルの先輩によく歌ってもらった思い出の歌です♪
気持ちだけで歌ってしまったかな!
おたの~(^^♪

(道)

「パーマを失敗した経験・・・ありませんか?」

ファイル 310-1.jpg
もしも二十歳に戻れたら、もっと似合う髪型にしてみたかった人も多いのでは?
結婚相手の選択も変えられるかもね(-。-)y-゜゜゜
「哀愁」漂うヘアスタイル、排水溝の残骸・・・
お便りのコーナーは大笑いでした(*^▽^*)
本日のキーワードは・・・「哀愁のバナナ半分」です。
皆さんも一緒に笑ってくださいね(≧▽≦)

ところで30日のイベントの予定ですが、収録直後に延期のお知らせが来ました。
私たちも久しぶりのイベントとても楽しみにしていたので、非常に残念です。
いつかまた開催できることを祈りたいと思います。     (旬)

二十歳に戻れたら、結構切実でコク深い内容でしたよ~!もしもシリーズ、開始からおかげ様で絶好調っすねー(*^▽^*)

哀愁の○○、これもいいよ~!いいのできたから絶対聴いてくださいね(*´▽`*)

公開生放送、順延は非常に残念です。
しかし皆さんとはいつも共に歩んでいると思っています。もっと明るく楽しくしあわせにできる日が必ず来るということだと信じています!一緒に、楽しみに時を待ちましょうね♪

(道)

「さて本日のキーワードは・・・『哀愁の男節』です。」

ファイル 309-1.jpg
タイトルにキーワードを書いちゃうくらい、「哀愁」に全て持っていかれました。
何でも「哀愁」をつけると、また雰囲気が変わってくるものです。

今日は、板東さんの悲しい学生時代の話も聞けました。
さとむすこさん、どうもありがとう!

月末のイベントのお知らせもありますよぉ。
お楽しみにね☆彡                 (旬)

歌って、いいな~(#^.^#)
って思わせてくれるな~男節は♪
今回の生歌会、ちょいと付け焼刃感があるかな?と思っていましたが、
軽やかなご本人さんの歌いぶり、バンドの皆さんの演奏に憑依してもらう思いで歌ったら、、、まぁ形にはなったはずです!

お楽しみにっ!

(道)